旅行とピンクコンパニオン

旅行に出ますと、人間は一時のアバンチュールを求めたくなるモノではないでしょうか?

日頃のウザったい生活や仕事を忘れ何か刺激的な世界に浸りたくなるモノですよね?

男たちがピンクコンパニオン(スーパーコンパニオン)を呼ぶのにもそんなアバンチュールな気分[関連URL:http://nanapi.jp/26917/]を味わいたいという気持ちがあるからであると私は思います。

しかも、大抵、男たちがピンクコンパニオン(スーパーコンパニオン)を呼ぶのは会社や消防団の慰安旅行が多いので、つまりは集団で行動する…言ってみれば、大人の修学旅行と言える状態にあるわけですね。

そんな時に、宴会してから、風俗街をまわっても時間的に遅いですし、ボッタクられたり、恐ろしい目に会うリスクがあります。

それを回避するにはピンクコンパニオン(スーパーコンパニオン)さん達を呼ぶ方が安全ですし、時間の節約にもなるわけですね。

先ほども書きましたとおり、大人の修学旅行ですから、旅館内でイベントがあった方が盛り上がるというわけです。

嫌ならそっと部屋に帰ればいいわけですし…。

男たちはエッチ自体が目的ではなく、男たちで学生時代のようにワイワイするそんなノスタルジックな感覚を求めてピンクコンパニオン(スーパーコンパニオン)を呼ぶのかもしれませんね…。